X hits on this document

PDF document

電気通信事業分野における競争政策の実証分析: - page 6 / 20

73 views

0 shares

0 downloads

0 comments

6 / 20

本節では、NTT グループの ISP を起点として、NTT グループにおけるインターネット

する。3-2 では推定結果を、3-3 ではロックイン効果を論じる。

3-1 推定モデル

手法としては条件付ロジット(conditional logit, CL)モデルが標準的である。今回は、

っている(Louviere et al., 2000, pp.37)、(Train, 2003, pp.18)、(Hensher et al,

n

j

Unj = Vnj + εnj

・・・(1)

となる。 V

ε

ここで、(1)式に関して誤差項ベクトル ε n = ε n1 ⋅⋅⋅ε nJ

の結合密度関数を f (εn )とす

ni

pp.18-19)。 ( ) n j n i n i U U o b P > = P r

= Pr ob(Vni + εni > Vnj + εnj ) = Pr ob(εnj εni < Vni Vnj ) ( ) ( ) < = i j d f V V I n n n j n i n i n j , ε ε ε な お 、I () ε

irrelevant alternatives, IIA)の仮定からロジット・モデルを導出し、Marschak(1960)

Document info
Document views73
Page views73
Page last viewedFri Dec 09 04:22:33 UTC 2016
Pages20
Paragraphs360
Words1618

Comments