X hits on this document

PDF document

電気通信事業分野における競争政策の実証分析: - page 7 / 20

79 views

0 shares

0 downloads

0 comments

7 / 20

がランダム効用理論と整合させ、McFadden(1974)が確立させた。

CL モデルでは誤差項 εni

(independently and identically distributed, IID)であると仮定し、IIA 制約が課

される。

5)

ue, EV)分布に従

( ) n j n j f e e ε ε =

e

ε j n

F(εnj ) = ee

ε j n

と書くことができる。すると、EV 分布の差 ε = εnj εni はロジスティック分布

ε

F(ε ) =

e 1+ eε

( ) ( ) d f V V I P n j n i n i n j n i = < = ε ε ε ε

e

Vni

j

e

Vnj

, j i

となる。ここで、代表的効用が線形である場合、

= n i P

e

α j +

K k =1

j

e

α j +

x k n j k j β

K k =1

x k n j k j β

・・・(2)

と表すことができる(Train, 2003, pp.38-40)。

6)

最尤法で推定する。

n

j

j に対する効用 Unj

i の効用 Uni

n

j

j

(Pnj )I

nj

( Inj

5)

ハウスマン・テスト(Hausman test)を行った結果、IIA の仮定を満たさない場合は IIA くは完全に緩和したモデルを用いる必要がある(Hausman and McFadden, 1984)。しかし、本稿では

6)

CL モデルを用いることとした。 CL モデルは①個人の嗜好多様性(taste variation) (substitution pattern)

(serial correlation)を取り扱えないといった限

(Train, 2003, pp.46)

Document info
Document views79
Page views79
Page last viewedFri Dec 09 21:14:57 UTC 2016
Pages20
Paragraphs360
Words1618

Comments