X hits on this document

PDF document

電気通信事業分野における競争政策の実証分析: - page 8 / 20

65 views

0 shares

0 downloads

0 comments

8 / 20

n

j

j

(likelihood function)は次のようになる。

L(β ) =

n

( ) = = j I n j J j N n P n j K K 1 , 1 ,

ただし、βはパラメータ・ベクトルである。尤度関数の対数、すなわち対数尤度関数

(log-likelihood function)は

LL(β ) = n j

= = n j n j J j N n P I K K 1 , 1 , l n ( 3 )

となり、この対数尤度関数を最大にするβが最尤推定量である。

dLL(β ) dβ

=0

て加えることができる。

7)

ある(Train 2003, pp. 55-56)。ここでは、t 期モデルを考え、個人を n

j、期間を t とする。そのとき、ランダム効用関数を Unjt = Vnjt + εnjt

とする。V

は確定項、 j

V n j t = α Y n j t + β X n j t t j Y n j t = 1 Y n j t = 0

α,β はパラメータ

である。この時、 α がロックイン効果を表す。

8)

ロックイン効果パラメータを価格パ

ラメータで除した数値 α / β はロックイン効果の価値を表す。

(ⅱ)

7)

Adamowicz(1994)

Erden(1996) ISP

n j t Y

8)

α >0

得ることを表す。逆に、α < 0

Document info
Document views65
Page views65
Page last viewedSun Dec 04 20:43:18 UTC 2016
Pages20
Paragraphs360
Words1618

Comments