X hits on this document

Word document

09年4月号トレンド:抗HIV薬特化企業設立-GSKとPfizer - page 1 / 2

5 views

0 shares

0 downloads

0 comments

1 / 2

吉川医薬経済レポート   094月号トレンド:抗HIV薬特化企業設立-GSKPfizer09.04.24.

094月号トレンド:抗HIV薬特化企業設立-GSKPfizer

09416日,Glaxo SmithKlineGSK)とPfizerは抗HIV薬の研究開発と営業に特化した合弁企業を設立することで合意したと発表した.

http://www.hivfutures.com/announcements/sea.html

http://glaxosmithkline.co.jp/press/press/2009_01/P1000549.html

設立当初の持ち株はGSK 85%,Pfizer 15%とするという.新会社の製品をオリジン別に示すと次のとおりである.

1. 新会社の製品および08年売上

企業

商品名

一般名

作用機序

08年売上($mill.

GSK

HIV事業

2,799

Epicom/Kivexa

lamivudine+abacavir

NRTI

818

Combivir

lamivudine+zidovudine

NRTI

801

Trizivir

lamivudine+abacavir+zidovudine

NRTI

392

Agenerase,Lexiva/Telzir

amprenavir, fosamprenavir

PI

296

Epivir/3TC

lamivudine

NRTI

257

Ziagen

abacavir

NRTI

196

Retrovir/AZT

zidovudine

NRTI

-

Pfizer

Selzentry/Celsentri

maraviroc

CCR5 A

46

Viracept

nelfinavir

PI

-

Rescriptor

delavirdine

NNRTI

-

NRTI:ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤.PI:プロテアーゼ阻害剤.CCR5ACCR5拮抗剤.NNRTI:非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤

次に臨床開発中の品目を示そう.

2. 新会社の臨床開発中の品目

企業

開発コード

作用機序

開発段階

GSK

1349572

Integrase Inhibitor

P-2

UK-453061

NNRTI

P-2

2248761/IDX899

NNRTI

P-2

706769

CCR5A

P-1

Pfizer

PF-232798

CCR5A

P-2

PF-3716539

PK enhancer

P-1

HIV感染者は世界で3,000万人とされており,安定した市場である.しかし,ウイルスが変異して既存薬の効果がなくなる傾向にある.そのため,配合剤の開発や新規の作用機序を持った新薬の登場が必要である.

GSKの製品群はいずれも既存の作用機序に基づくものである.Pfizerの製品群はCCR5阻害剤,NNRTIという新しい作用機序に基づくもので占められている.今回の両社の事業統合は,GSKが自社の製品群の弱点を補うために,Pfizerの製品群を取り込んだという色彩が強いと考えられる.

Document info
Document views5
Page views5
Page last viewedSat Dec 03 07:15:39 UTC 2016
Pages2
Paragraphs127
Words141

Comments