X hits on this document

Word document

09年4月号トレンド:抗HIV薬特化企業設立-GSKとPfizer - page 2 / 2

4 views

0 shares

0 downloads

0 comments

2 / 2

吉川医薬経済レポート   094月号トレンド:抗HIV薬特化企業設立-GSKPfizer09.04.24.

GSKHIV事業は,新興のGileadに追い抜かれ,Bristol-Myers SquibbBMS)に追い上げられている.次に両社のHIV事業を示そう.

3. GireadBMSの製品および08年売上

企業

商品名

一般名

作用機序

08年売上($mill.

Giread

HIV事業

4,331

Truvada

emtricitabine+tenofovir

NRTI

2,107

Atripla

emtricitabine+tenofovir+efavirenz

NRTI

1,572

Viread

tenofovir

NRTI

621

Emtriva

emitricitabine

NRTI

31

BMS

HIV事業

2,341

Reyataz

atazanavir

PI

1,292

Sustiva franchise

efavirenz

NNRTI

1,149

GSKには1,000百万米ドルを超える製品はない.Giread1,000百万米ドルを超える製品2品目を擁し,NRTI領域では完全にGSKを圧倒している.BMSは同様に1,000百万米ドルを超える製品を有しており,新しいタイプのNNRTIを持っている.

09年中にはGSKが主導してPfizerとのHIV合弁企業が発足するであろう.しかし,新会社がGireadBMSに伍してどこまで業績を伸ばせるか,注目される.

もう一つ,HIV事業のおいて日本企業の名前が上がってこず,完全に立ち遅れたという感があり,残念である.

09.04.24.執筆YPC

Document info
Document views4
Page views4
Page last viewedWed Oct 26 08:21:52 UTC 2016
Pages2
Paragraphs127
Words141

Comments